おがっちわーるど

提案プラン集・施工例集です

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

営業マンを見極める方法 

営業マンを見極める方法  について

左側の リンク集 から自分なりにまとめました

住宅の営業マンはただ売るだけではありません。
家を建てる時、あなたやご家族の夢や想いを引き受け、限られた条件の中で、理想のカタチにするべく、プロデューサーの役割を担うのが営業マンです。
その人にすべてを任せられるのか否か、いい家づくりのとても大切なポイントです。

まずは、夢をぶつけてみる。
「土地の広さも十分にあって予算もいくらでもいい」という人はほとんどいません。
客観的に見ても「土地も予算も余裕があるなぁ」と思う方でも、
その人なりにやっぱり「あれもこれも・・」となってきてしまうものです。
でも、最初から自分で制限をすることはありません。
まず自分の家族が、どんな風に暮らせるのが理想なのか、
「こうしたい!」という夢をすべて、営業マンに言ってください。
それらの夢のひとつひとつを、限られた条件の中で、いかに実現できるか、
考えるのがプロである営業マンの仕事なのです。
最初から、あれは無理 これも無理 というのでは、
家づくりのプロである営業マンや設計としての工夫がありません。
実際には希望をすべてかなえるのは無理でしょうが、
それは工夫を重ねた答えを用意してもらった上で、
営業マンのアドバイスとともに、最後に決定すれば良いのです。
最初から自分で「これは無理だろうな」と「夢を制限する」必要はありません

ほしくない物でもよいか?
「家を建てる」ということでは、当然、多かれ少なかれいくつもの制限が出てくるものです
多くの住宅メーカーは建材や設備機器などの仕入れの価格を抑えるため
標準仕様・標準プランを決めています
問題になるのは、あなたが求めている理想の家と、
住宅メーカーがあらかじめ用意している商品が一致しているかどうかです。
安ければそれでよい、とい選択肢もありますが、
お客さまの暮らし方や要望を十分に聞き、理解しないままに
「うちの商品はイイですよ!」と自社の商品にあてはめようとする営業マンは、
程度が低いと言わざるを得ません

常識とマナー
「時間をキッチリ守れるか」
「服装はちゃんとしてるか」
「きちんとした言葉づかいができているか」
「あなたの立場になって、話をしているか」
「電話の受け答えは、できているか」
「連絡をキッチリとしているか」
「“真面目に”仕事に取り組んでいるか」
営業にとっていちばん大切なことは、社会人として最低限守るべきマナーを心得ているか、ということに尽きるのではないかと思います。
知識や経験、営業の進め方に関する技術といったものは、真面目に仕事に取り組んでさえいれば、時間(経験)と共に培われていくものです。
しかし困ったことに、最低限の常識やマナーを持ちあわせていない営業マンも少なくないというもの事実です。(この業界に限らずですが)

住宅業界は厳しい数字競争の色合いがまだまだ残っており、
ついこの間までまったく別の営業をしていた人間が知識を詰め込まれて
いきなりお客さまと話をするということも少なくありません
「これについては会社に帰って上司や設計担当に確認して答えをお持ちします」
とごまかさずに受け答えしていればそれはそれで良いと思います。
より知識や経験のあるスタッフがバックアップしていたり、
必要に応じてあなたの家に伺うことも多いので、
逆にそれを大いに活かすということもできるからです。
いちばん困るのは、わかりもしないことに対して、その場しのぎで適当にごまかし、
後でとんでもないトラブルに発展してしまうケースです。
そんな営業マンは、まず「売りたいがために」そのような行動にでるのでしょう。
でも、おかしいですよね。
住宅展示場で、電話の向こうで、あなたの家の玄関で、メールで、手紙で、
いろんな場面で営業マンと接する機会があると思います。
そのとき、まず第一にあなたが見るべきものは、「営業マンが勧める商品」ではなく、
その営業マンに「常識、マナーがあるか」また「あなたの立場に立っているか」ということです

家を建てるため? 契約を取るため?
「この人なら、私たちのために必ずやいい家を建ててくれる!」という営業マン(担当者)と出会うことが、後悔しない家づくりのための大きなポイントになります。

営業マンは2種類に大別されます
ひとつは  【お客さまのためにいい家を建てるために頑張る営業マン】
もうひとつは【ひたすら“家の契約”を取るために頑張る営業マン】
どんな家を建てようがあまり関係ない。要は目の前の契約を取ることのみ考えているのです。
頭の中の思考パターンが「契約」=「自分の成績」=「給料」となっている人たちです。
そうなると当然のことながら“契約”され取れれば、その目的は達成!
あとはとにかく大きな問題が起こらないように家作りをするだけです。
このような営業マンは、「絶対に悪いようにはしません!」などと、
“絶対”という言葉を連発するのがグセのようになっています。
このような営業マンは契約が終わると決まって“対応が冷たくなる”“あまり打合せの時間を取ってくれなくなる”というのが特徴的な行動パターンです。
住宅に限らず軽々しく“絶対に”なんて言葉を使うのはどうかと思いますよね。
「いい家を建てるため? 」、それとも……、「契約を取るため?」
あなたと話をしている営業マンがどのような考えでいるのか、
この意識を持って営業マンの言動を見ていれば意外と判断できるものです。

話の内容だけでなく、行動も見る
誤魔化すのが上手な調子のいい営業マンも居ます
話の内容は素晴らしいが何かヘンな気がする??
そんな時は話の内容は無視してやっている事をじっくり観察してみましょう
意外と正体がわかります
スポンサーサイト
[ 2008/04/06 01:28 ] 家づくりのすすめ方 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
資料請求はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

施工例
DSCF6735.jpg IMG_5207.jpg 寺尾(2)
参考プラン
回遊式プラン
5LDK  塔
3LDK  
3LDK  


スキップ・フロア
3LDK
3LDK


土間収納
4LDK玄関土間
4LDK勝手口土間


4.5畳の子供部屋×3
5LDK 
5LDK コンパクト


大型TV対応リビング
4LDK
4LDK


シンプル&ベーシック
3LDK
4LDK
4LDK
ブログ内検索
プロフィール

おがっち

Author:おがっち
岡山県で住宅の営業をしています
住む人の要望をできるだけ取り入れた家づくりが目標です
一級建築施工管理技師

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。