おがっちわーるど

提案プラン集・施工例集です

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

土地の価格はどう決まる? 

土地の価格も他のものと同じように、需要と供給のバランスによって決まります。
土地はパソコンや車と違い、人気があるからといって複製できるものではありません。
一つ一つの土地が唯一無二であり、人気に比例して土地の価格も高くなります。
また、持ち主の事情によって価格を左右することがあります。

地域性
土地の価格は街のイメージや利便性・住環境など「その地域の持つ地域性」によって異なります。
交通の便や買い物の利便性がよく環境に恵まれた地域は価格が高くなります。
人気の高いエリアでは売る側が強気な値段を設定しても欲がる人がいるために
ますます価格が高くなっていきます。

その土地の特性
土地の価格は、生活の利便性、方位、形、道路条件、高低差、その地域の建築法規など、
その土地が固有に持つ特性によっても大きく異なります。
一般的には、
「駅から近く」「広い道路に面し」
「間口が広く」「形が整い」
「方角が南、東向きで」
「道路との高低差がない」土地は高くなります。
逆に
「建築条件が付いている」
「路地状敷地など敷地形状が良くない」
「土地の一部に傾斜がある」「高低差がある」
「再建築できない」などの場合価格が安くなります。
お墓・線路・高圧線など一般に嫌われる物が近くにあったり、
火事・自殺などがあった土地は安くなっています。
一般には嫌われるけど自分は気にならない、という場所は、ある意味ねらい目かもしれません。
細長い、高低差があるといった変形地は、建築的に工夫すればかえって面白い家になることもあります。

流通量
古くからの地域で人の出入りが少なく、
売り出される土地の少ない地域では相場そのものが成り立ちづらいため、
たまに土地が出ると高値で取引される傾向があります。
逆に流通量が多く、相場が成り立ちやすい地域では他の要素による適正な価格で取引されます。

業者の動向
いい土地の情報は表に出る前にまず業者に回ります。
個人の買主と違って、不動産業者やデベロッパーなどは決断が早い上に現金決済が原則ですので、
売主から見れば多少値引いても魅力のある取引相手です。
金利や土地政策によって特に建売業者が活動しやすくなる環境が整うと、
元々人気のある地域の相場をさらに押し上げることになります。

売主の事情
土地の価格は、その土地を持っている売主の事情によっても異なります。
急いで売却する事情のない場合、少なくとも相場値で売却できるまで待とうとしますが、
すぐに手持ち現金が必要な売主の場合は安くしてでも早く売ろうという動きになります。

「掘り出し物」はあるか?
残念ながら掘り出し物はないといってよいでしょう。
最初は安い売地があったとしても不動産業者やデベロッパーなどが、
情報が出ないうちに転売目的で購入してしまいます。
一般の方が知る頃にはすっかり掘り出し物ではなくなってしまいます。
表に出た時点で相場より安い土地にはそれなりの理由があります。
相場より安い価格だったら、「何かあるかも?」と疑問を持つくらいの気持ちが必要です。
「かかるものはかかる」と腹をくくってしまったほうが、後々リスクを抱え込む可能性が低くなります。
スポンサーサイト
[ 2014/03/30 15:36 ] 家づくりのすすめ方 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
資料請求はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

施工例
DSCF6735.jpg IMG_5207.jpg 寺尾(2)
参考プラン
回遊式プラン
5LDK  塔
3LDK  
3LDK  


スキップ・フロア
3LDK
3LDK


土間収納
4LDK玄関土間
4LDK勝手口土間


4.5畳の子供部屋×3
5LDK 
5LDK コンパクト


大型TV対応リビング
4LDK
4LDK


シンプル&ベーシック
3LDK
4LDK
4LDK
ブログ内検索
プロフィール

おがっち

Author:おがっち
岡山県で住宅の営業をしています
住む人の要望をできるだけ取り入れた家づくりが目標です
一級建築施工管理技師

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。