おがっちわーるど

提案プラン集・施工例集です

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

坪単価・見積・コストダウン 

坪 単 価
よく目にするのが「坪単価」という言葉ですが、一概に「坪単価」で判断することはできません。
坪単価は、家の大きさや使っている材料、家の外観・間取り、キッチンやバスルームなどの設備機器によって変わります。当然「安いモノ」を使えば安く仕上げることができま。
同じ材料を使っても、家の面積が広いと安く狭いと高く、家のカタチがシンプルだと安く複雑だと高く、シンプルな間取りでは安く複雑な間取りでは高く、なる傾向があります。
「坪単価」で得なのかそうでないのか判断することはできません。

本体価格だけではわからない
住宅の建築費は、多くの会社では、本体価格+付帯工事+オプション、で表します。
お客さんにも会社にとってもわかり易くて、合理的な表現ですが問題がないわけではありません。
家の広告ではだいたい本体価格だけ坪○○万とか表示されていますが、
実際はそれ以外に付帯工事費が必要になります。
何が本体工事で何が付帯工事なのか、という共通ルールはなく、会社によって異なります。
ですから「本体価格坪○○万円」という広告から実際にかかる建築費を判断することはできません。
また、付帯工事費用は公共下水の有無や水道の状況・土地の状況によってかなり差が出ます。
たとえば、家を建てる場所がきれいな更地の場合は着工前にする工事はありませんが、
旧家屋の建替えの場合は着工前に旧家屋の解体工事、
田を宅地に変える場合は着工前に農地転用手続き・土止め擁壁工事・盛土工事などが発生し、
これらの金額は土地の広さや進入路の状況など細かな状況によっても変わります。
この場所にこのプランと仕様で、と具体的にしないと建築費を比較することはできません。

相見積りの注意点
何社かで見積をとる場合の鉄則が「相見積りは会社ごとに違う要望は出さない」です。
展示場などを見学し、3社まで絞った・・・それから具体的に絞り込む際の注意点です。
相見積りで業者を選ぶ際には、同じ要望を伝えるのが鉄則です。
「ここはこうした方がいいのでは?」と言われると、打ち合わせをしているうちに、
要望内容が変わりがちですが、要望が違えばプランなどの提案内容も予算もかわります。
しっかり比較したつもりでも、結局総額の安さだけで選んでしまうことになりがちです。

見積書はわからない
たとえばディナーコース2万円と3万円という広告があれば、その違いは誰だって想像できます。
住宅の見積りも同じようなものですが、中身は複雑でなかなか理解できません。
ある会社の1800万円の見積もりと別の会社の2000万円の見積書があったとして、
どちらが得なのかプロでもなかなかわかりません。
良くわからない見積書を見て、雑誌で覚えた知識で「手間賃が高い・・・」とか言ってみて、
見積り金額が変わったとしても、どこかの質は下がると思うのが常識です。

よく考えて要望を絞る
必ずといっていいほど、見積もりは自分の予算をオーバーしています。
金持ちもそうでない人も、皆が精一杯費用を掛けてしまうのが住宅です。
できるだけ安く満足できる家を建てるためにはどうすれば良いのか?
まず、プランや仕様を考える時に、ちょっとした神経を使うことです。
「本当にそれが必要なのか?」「何のために必要なのか?」「どれくらいの頻度で使うものなのか?」
良く考えてみましょう。
ひとつひとつの項目の値段は大きくなくても積重なるとバカになりません。
コストを抑えて満足できる家を建てるためには、要不要を見極めることがポイントになります。
金額とにらめっこしながらベストな選択を絞り込んでゆきます。
考えた分だけより安くより良いものを創ることができます。

素直にたのんで協力してもらう
費用を下げる一番良い方法は建築業者に「あと?○○万円、下がらないか」と率直に相談することです。
話が煮詰まってくると、業者側も早く工事契約にもっていきたいと考えています。
ですから普通は減額に協力的です。
この時点でも自分の予算を知らせずに業者と駆け引きをする人がいますが、
そうするとまとまるはずの契約も流れてお互いガックリしてしまうこともあります。
終盤に近づいているときは、同じ目的を持つ仲間として素直に減額をたのむ方がうまくいきます。
この時建て主が注意すべきことは、減額方法は任せても変更する内容は充分な説明を受けることです。
普通の人が減額案を考えると、それは大概バランスが悪くうまくいきません。
あと 50万円下げたいのなら、・・・・業者に任せるとわりと簡単に下がることがある。
100万円下げたいのなら、・・・・かなり四苦八苦、仕様を変えれば下がるかも。
100万円以上ならやや重大。大きなことを止めるか、面積の縮小が必要。
スポンサーサイト
[ 2014/03/28 14:53 ] 家づくりのすすめ方 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
資料請求はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

施工例
DSCF6735.jpg IMG_5207.jpg 寺尾(2)
参考プラン
回遊式プラン
5LDK  塔
3LDK  
3LDK  


スキップ・フロア
3LDK
3LDK


土間収納
4LDK玄関土間
4LDK勝手口土間


4.5畳の子供部屋×3
5LDK 
5LDK コンパクト


大型TV対応リビング
4LDK
4LDK


シンプル&ベーシック
3LDK
4LDK
4LDK
ブログ内検索
プロフィール

おがっち

Author:おがっち
岡山県で住宅の営業をしています
住む人の要望をできるだけ取り入れた家づくりが目標です
一級建築施工管理技師

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。